マスキングテープで譜面作りもらくらく

ジャズの譜面は
「リードシート」と呼ばれて
1枚の譜面に
その曲のメロディとコード進行が書かれていますが
クラシックの譜面では十数枚
ジャズでもたまに2枚、3枚
張り合わせなくてはならないことがあります。

学生の頃は
普通の紙テープに糊をつけて(これが面倒)
コピー用紙が重ならないように張っていました。

今は色とりどりのマスキングテープがあります。

もともとは塗装等の際、
はみ出しても汚れないようにするためのテープでした。

子どもの頃アメリカにいた友人によると
その昔、ツートンカラーの車が流行ったとき
色分けするために開発されたのが始まりという話です。

今は文房具として可愛い柄の物がたくさん売られています。

和紙でできているので強度があるのに柔らかくて
譜面を張り合わせるのにぴったりなのです。

学生時代オーケストラの譜面作りが面倒でした。
セロテープで貼るとゴワゴワして
本番の譜めくりのときに音がしてしまうので
御法度でした。
あの頃このテープがあればもっと楽で楽しかったのに。。

お値段も100円そこそこからあるのでとてもお手軽

それにマスキングテープの張ってある譜面は
「中村さんのものね」
と認識されるので
行方不明になることもありません。。

本当に便利で可愛いグッズです!

PAGE TOP