アコーディオン 持ち運びは体力勝負らしい 

昨日は駒沢大学メルカートでした。

いつもながら和気あいあいと盛り上がったひととき。

そして今日は同じメンバーで
学芸大学チェロキーです。

いつもアコーディオンを弾いている日ノ下慶二さんが
今日はシンセサイザーを持ち込みます。

本業はピアニストの彼
かっこいい演奏をしてくれること間違いなし!

アコーディオンはかなり重くて10キロ以上あるそうで
多分2日続けてでは大変なのでしょう。

持ち運びするだけで肩が内出血することもあるそうで
まさに体力勝負の楽器です。

彼の楽器は特に大きくて重いので
昨夜も、この暑さの中
電車に揺られて、お店に到着したときには疲労困憊でした。

今日は少しは楽かな?

日ノ下さんの鍵盤プレイ
ぜひたくさんの人に聴いてもらいたいと思っています。

 

PAGE TOP