「類は友を呼ぶ」 気持ちの良い人たちと過ごすということ。

「類は友を呼ぶ」
いつも心に留めています。

そして人間的にも音楽的にも
自分が目指す人の側にいたいと思います。

周りにいい人がいない。。。
ということは
自分も同じレベルだということに意外と気づかないもの。

夫の愚痴を言っている私も同じレベルなのです。
はい、もう言わないことにします・・・親友以外には。

先日の友人との電話中、
ちょうどその頃、共通の知人のある行動が気になっていた私は
その話をしようと
友人の話が終わるのを待っていました。

話が一段落して、さあ、というときに
受話器の向こうで
「ピンポーン」
相手に来客があって、そこで電話を切りました。

そのまま続けていたら間違いなく私は
うわさ話から始まってその人の悪口を言っていたでしょう。

ああ良かった、と思いました。
悪口を言わなくて済んだからです。

人の悪口、陰口を言う
人を利用する
人を見下す
人の足を引っ張る

そんなことが
私を自分の尊敬する人たちから
一瞬にして遠ざけてしまう。

そう心に留めて
気持ちの良い人たちと毎日を過ごすと
自ずと幸多き日々になっていく。

そう思っています。

PAGE TOP