妹の猫「ぎんたん」が天に召されました。

上海に住む妹の飼い猫が闘病の末死にました。
日本から連れて行った3匹のうちの一匹「ぎんたん」

妹がブログに詳しく書いています。
cat Scratch Fever

 

子供の頃飼い犬を見送ったことを思い出しました。
今のように家の中で飼う人は少なくて、
ペットの寿命ももっと短いものでした。

予防接種も狂犬病だけでしたので
確かフィラリアという病気にかかって死にました。

私と妹は一日泣いて過ごしていたのに
父はちょうどお客様を家に呼んでいて
大声で談笑していたのを
「悲しくないの?」
と後で問いつめたことを覚えています。

今思えば、父は
動物も人間も
「生老病死」は避けられない事で
ましてや動物は必ず人間よりも先に寿命が尽きるのだ
ということを半ばあきらめの気持ちで
覚悟を決めていたのだろうなと思います。

悲しくなかったはずもなく
お客様の前で泣く訳にもいかず
一番犬を可愛がって散歩させていたのは
そういえば父だったなぁ。

私などは子どもを産むことで
同時に死にも近づいた気がします。

Memento Mori (死を想え)

大切な事です。

PAGE TOP