カーボンバイオリンをアンプに繋いで演奏してみました

本厚木マッカーサーガレッジでのライブで
カーボンバイオリンを初めてアンプに繋いで演奏してみました。

このバイオリン、生音も相当響くので
音がスピーカーから出ているのか楽器から出ているのか
自分ではよくわからず
バンドのメンバーに確認してもらいました。

お客様からは
「バイオリンが黒い!」
という声も聞こえたりして
内心ちょっと楽しい気分。

弾き心地は本来のバイオリンとなんら変わらず
まったく違和感を感じないところがすごい!
重さもほぼ同じで、
バランスも気になるところがありません。
ちょっとでも重いと
腕が疲れたり
肩が凝ったりするはずなのですが
それもなく
快適に演奏できました。

ただ、
ひっかかりがなくつるんとしたボディなので
肩当てがすぐ外れるので調整が必要です。

音色も
もちろん木製とは違うので
クラシックにはあまり向かないかもしれないけれど
鋭い音色はジャズやポップスにはかなりいいかもしれません。

そしてさらに嬉しいのが
マイク、シールド、電源
そして頑丈で重い楽器ケースを持つ必要がなく
細いシールド一本と軽いソフトケースだけなので
身体が楽なのです。

期待どおりでとても嬉しいマッカーサーがレッジのライブでした!

PAGE TOP