「ブランデーせんべい」 やみつきになりそうな不思議なお菓子

「ブランデーせんべい」という名前の米菓を頂きました。

製造者は「津久井せんべい本舗」
以前は津久井町、今は相模原市在住の方からのおみやげです。

その名のとおり
「ブランデー」がたっぷり入ったおせんべいなのです。

お酒の入った洋菓子は普通ですが
おせんべいは初めてです。

一口かじると
ふわんとブランデーの香りが口いっぱいに広がり
それが鼻に抜けて行きます。

目をつぶって食べると
まるでホテルのバーで一人
ブランデーグラスを傾けている気分。

原材料は
山形県産コシヒカリ
ブランデー(VSOP)
綿実サラダ油、砂糖、塩

とあります。

VSOPとは!
ホームページを見るとなんとナポレオンだそうです。

最初食べたときはびっくりして
不思議な感覚に捕われましたが
なぜかやみつきになりそう。

塩まんじゅうとか
チョコレートをまぶしたポテトチップスとかと同じ
その意表をつく味が何とも言えない。

それにしても
まだまだ知らない味がいっぱいあるのです。

うかうかしていられません!

PAGE TOP