頼れる年下の女友達 女の友情に年齢は関係ないのです

仲良しの年下の友人と会いました。

彼女の第一子と私の末っ子が同級生で
歳はずいぶん違うけれど
なぜか気があって会うといつもとても楽しいのです。

彼女の話の切り口に、
「なるほど。そういう考え方もあるのね!」
と毎回新鮮な刺激を受けて
その潔い判断に
いつの間にか私が頼っています。

その彼女が
「頻繁に道を聞かれる」
と言うのです。

そういえば一緒に新歌舞伎座(建物だけ)を見学にいったときも
外国人に道を教えていました。

たまに、という頻度ではなく
本当にしょっちゅう尋ねられるそうなのです。

私が思うに
彼女の姿勢のよい堂々とした歩きっぷりは
どこにいても地元の人に見えるのではないかしら。

私のように(方向音痴のせいもあって)
キョロキョロとしている人には
誰も聞こうとは思わないけれど
背筋を伸ばして視線をまっすぐ前に向けて歩く彼女は
きっと
「この人なら正しい道を知っているだろう」
と思わせるのです。
私が意見を求めると
少し首をかしげてしばらく考え
「それは・・・・」
と答えてくれるその内容は
彼女の立ち姿と同様
何事にも覚悟があり、潔いものなので
人生の一大事があれば
この人に相談しよう、と思わせる凛としたものがあるのです。

その彼女が以前
「私は子どもたちに
『もしお母さんに何かあったら裕子さんになんでも相談しなさい、』
といってあるの」
と言ってくれたことがあります。

とても嬉しい言葉でした。

女の友情に年齢は関係ない
そう思います。

PAGE TOP