夢のセッション目指してバイオリンを弾く日々

ジャズを始めた頃
様々なセッションに通っていました。

セッションで知り合ったミュージシャンも数えきれないほど。
一時は午後と夜でセッションのはしごをした事もあります。

譜面を見ながらメロディーを弾くくらいしかできなかった私が
テンポ出しから4バースの意味
エンディングなど
ジャズ演奏の作法もセッションで教わりました。

自分の番がまわってくるのを
ドキドキしながら待って
モタモタしながら案の定失敗したりして

周りのプレイヤーが皆大ベテランに見えて
毎回落ち込んでいたのを思い出します。

そして最近
いわゆるセッションホストがいて
順番に名前を呼ばれて演奏するセッションではなく

「ライブと同様にミュージックチャージがあり
お客さんもいるのだけれど
そこに誘われて集まったミュージシャンたちが
即興で演奏するセッション」

というものがあると聞きました。

先生曰く
「目指すならそこを目指せ」

プロやプロ並みのミュージシャンが集まって
演奏するセッション。
もちろんお客様が満足する演奏は当たり前です。

そこに誘われるようになれ、ということなのです。

いったいいつのことやら
そんな夢のようなセッションを目指して
日々バイオリンを弾くのです。

PAGE TOP