緊張感の中、演奏できるようになるには

バイオリン、ピアノ、ギター、ベース、ドラム
バイオリンクインテットのお試しセッションでした。

普段この編成で演奏する機会があまりないので、
私がお願いして集まって頂きました。

ベース以外は、ニューオリンズジャズの凄腕ミュージシャンたち。
ベースはバリバリのモダンジャズ。

どうなることやらとドキドキでした。

最初は私の持ち込んだスタンダード曲を演奏していたのですが、
ピアニストからの提案で、
ジャンゴ・ラインハルトとステファン・グラッペリの
曲を数曲演奏したところで時間切れになりました。

やっとこさ乗ってきたところだったのに…

楽器演奏歴は長くても、
ジャズ歴は一番短い私は、
凄腕たちの前で少々萎縮してしまいました。

最初から堂々と弾けるようになるには
どうしたらいいの?

それにはやはり、準備、練習しかない
と思います。

緊張するのは避けられないとして、
「その緊張感の中でも指は勝手に動いてくれる」

という状態を作るためには、
練習しかないのです。

天才と言われる人たちでさえ、
毎日何時間も何時間も練習していたと言います。

ただ
それが苦にならない
延々と続けられる

それこそが天才の所以とも言われています。

PAGE TOP