チェロキー寄席第2段 入船亭小辰さんの江戸のおかみさんに爆笑

ライブハウスで落語を聴こうという企画
Cherokee Live Tavern で10月から始まった

「チェロキー寄席」

第一回目は真打・入船亭扇辰さんでした。

そして今回はお弟子さん
二つ目・入船亭小辰さん

小咄に始まり
古典落語を2席聴きました。

小辰さんが江戸の長屋のおかみさんに見えて来て
江戸の町に自分もいるような錯覚に陥ります。

そしてその声のはり、声の通りのよさ
驚きです。

噺家さんたちはどんなボイストレーニングをしているのかしら?
などと考えてしまいました。

小辰さんの江戸のおかみさん

私には
細くて切れ長の目をした
シャキシャキとした女性

口が達者で亭主をうまく操縦する
そんなおかみさんが目に浮かびました。

語りだけで聴くものに色んな想像をさせてしまう
「落語」
にすっかりはまってしまいました。

次回はも若手
春風亭正太郎さんという方です。

楽しみです!

PAGE TOP