迷ったときに戻れるところ 「自分は本当は何を大切にしたいの?」

毎日過ごしていると
色々と迷うことがたくさん出てきます。

こっちのお弁当にするのか
あっちのサンドイッチにするのか・・・

という嬉しい迷いもあれば

もっと真剣に迷う場合も。。。

そんなときは
どうしても他の人の意見を聞きたくなります。

そしてそこには
当たり前ながら十人十色の声があり
どの意見を参考にしていいのか
わからなくなってしまうこともあります。

もっともな意見に出会うと
「やっぱりそうだよね」

「これが世間の常識!」
という意見に出会うと
「そうなんだよね」
となんでも正解に思えてしまいます。

でもちょっと待って。

例えば人前での演奏について迷ったとき。

私は正しい演奏がしたいのだろうか?
それとも
「すごい!」
といわれる演奏をしたいのだろうか?

いいえ
「私は人に喜んで貰える演奏がしたいのです。」

ここに戻ってくると
自ずといろんな迷いは薄れて行く事に気づきました。

例えば子育て
「我が子はどんな大人になってほしいのか?」

「親の言う事をなんでも聞く子どもでいてほしいのか?」
それとも
「自分で考えて行動する人になってほしいのか?」

そう考えて行くと
子育てに関するたくさんの情報の中で
迷う事も少なくなるのかもしれません。

 

PAGE TOP