クリスマスに「アベマリア」をバイオリンでゆったり味わって弾く

ピアニストMさんとリハをしました。

クリスマス当日の演奏ということで
久しぶりに
「アベマリア」(バッハ&グノー)
を弾きたくなり
ピアノ譜面を渡しました。

合わせてみると
少し慌ただしい感じ。

もう少しゆったりと弾きたい。

それはお互いに感じたようで
Mさんが
「ちょっとYoutubeで他の演奏を聞いてみましょう」
と言いました。

動画での演奏が始まってすぐ
「あ、小節の変わり目で少しためているわね。」
とMさん。

再度合わせてみると
驚くほど弾きやすくなりました。

クラシック音楽はテンポが揺れるので
息が合わないととても難しいのです。

この曲のように二分音符や全音符の多い曲の場合は
バイオリンが弓を返す前にピアノが先に行ってしまうと
忙しく慌ただしい感じになってしまいます。

バイオリンが弓を返す気配を感じて
そのタイミングを待ってから
伴奏のコードが変わると
とてもゆったりした味わいのある演奏になるのだと思います。

 

PAGE TOP