亡き母にそっくりな叔母の言葉で母の気持ちを知る

チェロキーのジャズランチに
叔母が来てくれました。

昔から母にそっくりな叔母です。

「裕子ちゃんがあんまり嫌がるから
もうバイオリンやめさせようかしら・・・
と悩んでた事があったわよ」

と言うのです。

そんな事を思っていたのね。

確かに練習から逃げ回っていたし
泣いて 反抗していたから。

絶対にやめさせてくれなかったけれど
高校生になって
「やめたい」と言ったら
「いいわよ」
と驚くほどすんなりと聞き入れてくれました。

母も私と同じくらい頑張っていたのです。
二人とももう十分という気持ちが一致したのでしょう。

一緒に来ていた従姉妹たちと
昔のアルバムを見ていると
バイオリンを弾いている幼稚園くらいの私がいました。

「こんな時から弾いてたんだねぇ」
と叔母たち。

普段から
「いつからバイオリンを弾いているのですか?」
とよく聞かれます。

「4歳からです」

長い間弾いています。

PAGE TOP