「今起こっている事はすべてベスト!」そう実感した2年前の出来事

2年前の2月に2回ほど大雪が降りました。

ちょうどその時は息子の大学受験の真っ最中

交通機関は麻痺し
どうやって試験会場まで行けばいいのか・・・

「ああ、もう絶対に行かないんだろうな」
と私自身があきらめかけていました。

ところが息子は
バスと電車をなんとか乗り継ぎ
本来ならば30分ほどで行ける会場まで
2時間もかけて行ったのです。

そして2校目の試験の日もなんと大雪!
これもなんとかたどり着き
受験することができました。

結果は合格!

大雪で受験できなかった人が多すぎて
大学側が滅多にない追試を行ったのです。

合格者は本試験、追試からそれぞれ出されましたので
雪の日に受けた少ない人数の中にいた息子は
実力+ラッキーで
第一志望の大学に念願叶って合格できたのでした。

受験日当日
どっさり積もる雪を見たときには
「なんて運が悪いのかしら」
と思いましたが

家から出る事もままならない
受験生もいる中
なんとかたどり着けたということは

大雪は
彼に取ってはベストな出来事だったのでした。

今この瞬間
困った事
嫌なこと
大変なことが起きても

もしかしたらそれは
未来にとってベストな出来事に変わるのかもしれない。

そう思う事にしています。

PAGE TOP