「ブラボー係」だったK君が「一番うまくなった」と言われる理由

学生時代のオーケストラ仲間の集まりがありました。

今も楽器を続けている人
仕事が忙しくてずっと休んでいる人
それぞれです。

その中でオーボエのK君は
大学から楽器を始めたので
1年生のときには一度も本番の演奏会に出られなかったそうです。

やめようやめようと思いながらも
仲間に支えられて4年間続けたそう。

その彼が今、皆から
「Kが一番上達したよね」
と言われています。

昔から上手だった人は今も上手です。

でもK君の伸びしろは一番大きいのです。

今でも先生についていて
「やっぱり基礎が大事なんだよ」
と熱く語ります。

そこには私も大きく同意!

「一緒に演奏しようよ!」
とみんなに声をかける姿は
演奏が楽しくて仕方がないという気持ちが
溢れていました。

改めて
「継続は何にも勝る」
と実感しました。

もちろん色んな事情で小休止はあるでしょう。

「俺、昔はブラボー係(演奏しないけれど客席で拍手とブラボーを叫ぶ係)専門だったんだよ」

と笑うK君はとても輝いていました。

PAGE TOP