「お雛様と桜」春になると思い出す母との日々

3月3日は桃の節句

子どもたちが小さい頃は毎年お雛様を飾っていました。

22年前のこの日も
母が東京の我が家に来て
飾るのを手伝ってくれました。

1週間ほどの東京滞在の間
私は3人の子どもたちを母に預けて
美容院、歯医者さん、銀行etc
と駆け回っていました。

しばしの間家事と育児から解放され
母の食事もたっぷりと食べて
娘時代にもどったようでした。

それから
母は東京に住んでいる友達と旅行に出かけ
我が家には寄らず自宅へと帰りました。

そしてその2週間後
突然病で亡くなってしまったのです。

お通夜、告別式の2日間
桜は咲き誇り
暖かい日差しの中
父と妹とともに母を見送りました。

今でも
お雛様と桜は私の中で
母と私と子どもたちの最後の日々と重なります。

娘たちも大人になって
お雛様を出す事もなくなってしまいました。

もうすぐ母の命日です。

PAGE TOP