小指が薬指につられる問題 お猿さんの時代の名残らしい。

クラリネットを初めたばかりの知人が
「薬指に力が入らなくて押さえづらい。
小指も一緒についてくるので
それを無理に避けようとすると
小指が無駄にピンと立ってしまう」

と言っていました。

確かに
バイオリンでも小指と薬指の問題は大きくて
そのためのエチュード曲もあります。

たまに練習するとすぐに小指がつってしまい
休み休みでないと弾き終わらないほどです。

親指、人差し指、薬指の腱は独立しているので
それぞれが自由に動き、細かい作業をするのに向いている。

それに対して
小指と薬指は腱がつながっていて
力が入りやすく物を掴むのに向いているらしい。

友人の推測によると
「お猿さんだった頃
枝から枝へ飛び移るときに
主にこの二本で枝を掴んでいたんじゃないか」ということ。
(あくまで推測)

そして
スキーのストックも同じように掴むように指導されたそうです。

私の小指も左手は比較的自由に動きますが
右手は薬指につられます。

人間の身体って本当に不思議。

PAGE TOP