演奏の途中で迷子になったら?お客様に気づかれないようにアドリブで乗り切る。

ラ・ポンデューの高齢者施設での演奏も一年過ぎました。
ここではクラシックの曲や映画音楽などを弾いています。

先日、もう少しで楽譜一式を忘れて行くところでした。

もし忘れていたら。。。

と思うと冷や汗が出ますが
ピアノの関澤美香さんにそのことを言うと

「譜面なしでできる曲をやればいいよね。
アドリブになってもこっちは適当に合わせるし」
と涼しい顔です。

確かに
暗譜している曲もあるし
それを
私が間違って譜面通りに弾かなくても
美香さんが臨機応変に合わせてくれるので
そんなに心配がないのです。

以前も初見の譜面を弾いていて
一瞬どこだかわからなくなり
ピアノの伴奏に合わせて
数小節をアドリブで乗り切った事がありました。

「やり直そうかと思ったけど何とかなったわ」
と美香さんも苦笑いでした。

もちろんきちんと弾けることは大前提!
でも人生何が起きるかわかりません。

そんなときに
「できない!」と慌てるのではなく
四角四面でない対応ができればいいなと思います。

そしてもちろん
お客様には気づかれないように楽しんで頂く。

これが肝心です。

 

PAGE TOP