「怖いもの知らず」3年前の自分の動画を見てしまいました

3年前にセッションで弾いている自分の動画を見てしまいました。

現在と比べる為に探し出して
「さあ、見るぞ」
と心づもりをして見たのではなく
ふと見た動画に映っていたのです!

「怖いもの知らず」

この言葉が一番しっくりくるかもしれません。

自信なげに弾いているのではなく
むしろ勢い良くノリノリで弾いています。

スイングしているつもりに見えるし
重音を使ったり高音を弾いたりもしています。

でもいきあたりばったり感満載です。

とにかくその瞬間に何か弾かなければならないので
「この音を出す」
「このフレーズをここで弾く」
という確信なく
ただ音を探して弾いているのです。

出したい音のイメージができずに迷っているので
結果的に音程が悪くなります。

そして
バイオリンという楽器は音程が悪いと
「下手くそ」
に聞こえてしまうのです。

なんとなく雰囲気で弾いてしまうのと
「この音を弾く」という確信を持って弾くのでは
音の粒立ち、音程、弓の勢いまで
まったく違ってくるのです。

「良く知っている曲」が「なんとなく弾けてしまう」
ときは要注意!

1度ゆっくりコードと音を照らし合わせながら
確認作業をしてみるといいかもしれません。

 

 

PAGE TOP