最初の一音で心を虜にする演奏を目指して

新曲を演奏する際
歴史上のレジェンドからアマチュア演奏を含めて
様々な人が演奏しているYouTubeを参考にすることがあります。

そんなとき
最初の一音を聴いただけで
虜になってしまう時と

続きを聴かなくてもいいかな
と感じるときがあります。

お金を出して買ったCDならば
元をとらなければ、と一応聴いてみて
「意外と良かった」
ということもありますが

YouTubeは
魅力がなければ
「はい、次!」

最後まで聴いてはもらえません。

最初の一音で人の心を虜にする演奏に出会えたら
それは宝物

いかに一音目が大切かということは
ジャズでもクラシックでも変わりはありません。

緊張感の中
出だしの音は

静かな曲ならば
震えてしまったり
かすれたり

元気な曲なのに
勇気がなくてフニャっとなってしまったり

そんなことが何度あったか知れません。

でもごくたまに
とてもいい音で出る事ができた時は
あとの演奏も気持ちのいいものです。

「何事もはじめが肝心!」

でも失敗しても諦めずに最後まで!

「終わりよければすべてよし!」

日本っていいな。

 

PAGE TOP