初めてのリーダーライブ やってみてわかったこと

4月22日に初めてのリーダーライブをしました。

たくさんの友人たち、音楽仲間に来て頂き

ピアニストの日ノ下慶二さん
ベーシストの渡部拓実さん
ドラマーの竹内武さん

この3人の若者に支えてもらって
無事に終えることができました。

周りはみんな私の味方

こんな心強いことはありません。

選曲、構成、進行、MC
そしてリハと
できる限りの準備をしたので
当日はそれほど緊張はしませんでした。

やはり緊張しないためには
練習と周到な準備が一番だと痛感したのでした。

思うように進行しなくても
「できるだけのことはやった」
という自分の中の安心感があるので
なんとかなるものなのです。

そしてバックの3人

リハでは各自のソロは省いていたので
本番での3人のソロの素晴らしさ
集中力とアンサンブル技術を目の当たりにして

「プロとはこういうことなのだ!」

と身体が震えました。

飛入りゲストに素晴らしいボーカルのタミーさんを迎えて
ライブは最高潮に!

同時に今後の課題や目指すところも見えて来て
ますます頑張ろうと思うのでした。

PAGE TOP