「ネガティブ王国とポジティブ王国 」乗っている馬の鼻面をどちらに向けるかは 騎手にかかっています

ネガティブ王国とポジティブ王国

乗っている馬の鼻面をどちらに向けるかは
騎手にかかっています。

落ち込みそうな出来事が起こったとき
「えいや!」っと
鼻面をポジティブ王国に向けてしまうと
馬はその方向にずんずん走って行きます。

何もしなければどんどん悪い方に考えて
ネガティブ王国へまっしぐら!

でも
「ポジティブに考えなければ!
なぜならば・・・」

と理由を並べる必要はありません。

ただ馬の鼻面を
「今一番したいこと」に向けるだけ。

私の場合は
「バイオリンを弾く事」でした。

鼻面を
「バイオリンを弾く」
ということに向けた結果
嫌な事は嫌な事でなくなりました。

落ち込み続けるか
スーパーマンのように地面すれすれで上昇するか

それを自分が選ぶ事ができる。

クリアーに実感したのでした。

 

PAGE TOP