譜面が必要なのは「まだまだその曲を知らない」という事

ジャズの曲を弾くだけで
ジャズになるわけではないことは
身にしみてわかっています。

台本を丸暗記して台詞をしゃべっても
お芝居になるわけではないのと同じ。

俳優が
原作があれば原作を
そして
台本をぼろぼろになるまで読み込み
役作りをしていくのと同じで

ジャズも譜面を読んで
コード進行に沿ってアドリブ演奏をするだけでは
ジャズにならないのです。

昔は1枚のレコードを針がすり切れるほど
レコードの溝に穴があくほど聴いていたそうです。
譜面もないので耳で聴いて演奏していたのです。

今の時代でも
それだけ聴き込めば
もはや譜面は必要ではありません。

譜面が必要だということは
まだまだその曲を知らないという事。

クラシックの曲の「暗譜」とは
ちょっと違いますが

譜面を覚えるのではなく
その曲をとことん知るというところでは
クラシックもジャズも同じなのだと思います。

PAGE TOP