葛飾北斎に学ぶ 「自分はまだまだ」と思っている間が華なのです

勉強でもスポーツでも
そして楽器の演奏においても

真面目に頑張れば頑張るほど

「いくらやってもなかなか進歩しない」
「自分には向いていないのかもしれない」

そして人と比べては

「あの人のように上手くできない」
「私はやっぱりだめだ」

などと思ってしまう事があります。

そして心折れてやめてしまうこともあるでしょう。

でも

かの葛飾北斎であっても
88歳で亡くなる直前に

「せめてあと5年生きることができたら
もっといい絵を描くことができたのに・・・」

と言ったといいます。

いつまでも自分に満足することなく
最後までもっと上達したいと願っていたのです。

葛飾北斎ほどの人であってもそうなのですから
一般人は当たり前

努力した分はほんの少しでも進歩していて
本人には自覚できないだけ。

「まだまだだなぁ」
と思っている間が華なのです。

 

PAGE TOP