目の前の人を喜ばせる為に「弾みでしゃべると信用をなくしかねない」という話

目の前の人を喜ばせたくて
ついついはずみでしゃべってしまうこと

・・・たまにあります。

まだ決まっていないのに希望的観測で
話してしまって期待させてしまうことも

・・・たまにあります。

喜ぶ顔を見たくてついつい期待させるような事を
言ってしまう

という事を重ねると
終いには信用されなくなってしまいます。

「どうせまた口先だけね」
と思われてしまう。

いわゆる

「狼と少年」

村人が怖がるのが面白くて
「オオカミが来た!」
と何度も嘘をついているうちに
本当に来たときには誰も信用しなかった。

というお話なので

「喜ぶ顔が見たくて」というのとは
ちょっと違いますが
ぬか喜びが重なっても
やはり信用されなくなるのです。

弾みでしゃべると信用をなくしかねない
というお話でした。

 

 

PAGE TOP