中村紘子さんの言葉 「たとえ未完成でも・・・」に優しさを感じます。

最近亡くなったピアニストの中村紘子さんの言葉

「たとえ未完成でも
『聴いて欲しい!』と引っ張る力が何より大切!」

ジャズバイオリンの先生も言っていた。

「『私を見て!』という気持ちで弾かなくちゃ!」

そうなのだ。

「ちゃんと弾けるようになったら」
「間違えないように完璧に弾かなくちゃ」

なんて思って謙虚に弾いているつもりでも
そんな演奏を誰が聴きたいのだろうか?

ただ自信のない
弱々しい演奏に
あるいは
間違いはないけれど面白くない演奏に
誰が耳を傾けるのだろうか?

中村紘子さんの
「たとえ未完成でも」
というところに優しさを感じます。

だって完成することなんて多分ないから。

ずっと未完成なのだけれど
それでも
「私を見て!私を聴いて!」
と言う思いで弾くことが大切なのですね。

 

 

PAGE TOP