演奏からコードを聴き取ることがこんなに難しいなんて・・・

2年間のジャズバイオリンのレッスンは
一通り終わりました。

「教えられる事は教えたので
あとは自分で経験を積み重ねてね」

という先生のお言葉に喜んだのもつかの間
それは楽器演奏に限ってのことでした。

音程→リズム(スイング)→アドリブの耳コピ→アドリブ作成
→弓の運び方

大まかにはこのような順番でしたが
その中にはもちろんジャズに 欠かせない
コードやフレーズについてや
クラシックとは全く別のニュアンスの出し方など
書ききれない厳し〜いレッスンがありました。

そこで次の段階として
演奏からコードを聴き取る練習が始まりました。

その間バイオリンは弾きません。

音を確かめる為に鳴らす程度です。

ジャズのコードは難しいのでまずはポップスから。

それにしても
空で歌えるビートルズの曲でさえも
わからないなんて・・・

いかにメロディだけを聴いていて
コードに無関心だったかがわかります。

また宿題と格闘する日々が始まりました。

PAGE TOP