「Fear the Walking Dead」に見る親子の世界観の違い

この連休でamazon-プライムビデオで一気に見てしまった

「Fear the walking dead」

「Walking Dead」シリーズはずっと前から知っていましたが
いわゆるゾンビものだと思って
敬遠していました。

この
「Fear the walking dead」
同じく周りがゾンビになっていき
主人公の家族が逃げながら戦って行くのですが

ドラッグ中毒で入院していた長男ニックが
サバイバルの世界では中心的役割を担って行く姿が
私にとってはとても印象的でした。

逃げ場を失って絶望的になった母親が

「もうこの先どうなるのかわからない。
未来に何も見えなくなってしまった」

と言うとニックはこう答えます。

「自分が今まで見ていた世界はまさにこうだった。
まったく未来が見えなかったよ。どうしていいかわからなかった。
今はまるで自分に世界が追いついてきたようだ」

母親はそんなニックをいつまでも子ども扱いして
自分が守ろうと必死ですが
最後に彼は母親から離れて行きます。

戦い続ける母親とは逆に
ゾンビたちが受け入れられる世界を探しに行ったのです。

藤子不二雄の「流血鬼」と同様
ゾンビとゾンビを退治し続ける人間
いったいどちらが正義なのか?

上の話はとても極端ですが
立場が違えば正義が違う話は
周りにもたくさんあるような気がします。

 

PAGE TOP