骨董品屋さんの「弟子の育て方」

骨董品屋さんの弟子というのは
最初のうち何年も本物だけを見続ける
という話を聞きました。

本物だけを見て、そして触っているうちに
ひとつだけ混じっている偽物が
一瞬でわかるようになるのだそうです。

私などが浅はかに考えると
新入りに高価な物を触らせるなんて。。。
ということになりがちですが

育てるということはこういうことなのですね

とりあえずアルバイトして
しばらくしたらまた次の仕事
などという新人には
やはり高価なものは触らせないでしょう。

「なんとしても好きな道で一人前になりたい!」と
本気で思う人のところには本物が寄ってくるということかな。

遊び半分では本物がわからない。

だから面白くない
だからやめて次に行く
という循環になるのかもしれません。

PAGE TOP