「笑わない人」「笑う人」その違い

謹賀新年

 

「観客3人以上笑ったら合格」
というお笑い番組を年始にやっていました。

ランダムに選ばれた観客の顔が
芸人さんのパフォーマンスの間ずっと映し出されているのですが
その中にぴくりとも表情の変わらない人がいます。

おかしくないときに笑う必要はないのですが
笑わない人の顔は最初から
「この人笑わないな」
とわかります。
要するに
顔の筋肉を使っていないのです。

普段から笑顔の多い人は
筋肉が柔らかくなっていて
簡単にスマイルを作れるのですが

笑わない人というのは
筋肉が固まってしまって
いざという時に笑えないのです。

その上齢をとると
ますます筋肉は固まり
重力に耐えられず口角は下がる一方・・・

私も以前は写真を撮ると
精一杯の笑顔を作っているのに
ちっとも口角があがっておらず
怖い顔で写っていました。

それで
頬の筋肉を緩める運動を始めたところ
口角が上がるようになりました。

口角だけつり上げても
頬の筋肉が固いと笑顔にならないのです!

「笑う門には福来る」

今年も笑顔で過ごしましょう!

PAGE TOP