フローリン・ニクレスクさんのワークショップに参加して再確認したこと それは「ジャズはやっぱりリズムなんだ!」

フランスのジャズバイオリニスト
フローリン・ニクレスクさんのワークショップに
お誘いいただき参加しました。

たくさんのアドバイスと実演の中

「やっぱりジャズはリズムだ」

ということを再確認しました。

バイオリンは管楽器のような息継ぎがないので
音数が多くなりがちです。

そして
アドリブのかっこいいフレーズを
弾きたくなり
そればかりに気を取られがち。

でも
「そんなことよりリズム!」
「まずダンスから始まったんだ!」

私はフローリンのその言葉に強くうなずいてしまいました。

参加者それぞれに
胸に刻み込んだ言葉や発見があるでしょう。

 

「スイングしなければ意味がない」

私は今日もスイングします!

PAGE TOP