なんだかんだ言っても最後はやっぱり「人」だということ

連休を利用して実家に戻っていた娘と
ごろごろしながらおしゃべりをしているとき

「やっぱり結局は人なんだよね」

と娘がぽろりと言いました。

 

どんなにいい商品でも
「誰から買うか」の方が重要なときがある。

どんなに美味しいレストランがあっても
その隣にある笑顔の素晴らしいスタッフのいるカフェがいいときもある。

どんなに素晴らしい音楽でも
「誰が演奏しているか」の方が気になる時がある。

 

結局はその人を自分が好きか嫌いか。
居心地がいいか悪いか。

それで決めると間違いがないと思うのです。

逆に
「いい人なんだけどねぇ。惜しいね」
ということもあるので

商品やお料理、演奏の質が良い事は前提として
「やっぱり最後はその人の魅力が左右するのだ」ということに
話は落ち着いたのでした。

PAGE TOP