執着せず手放すという事

大切にしている何かを手放さなくてはならないことがあります。

物かもしれないし
人との関係かもしれないし

そのときに
執着しないということを選択すると
とても楽です。

今は次への経過地点だと考えると
執着はそこに立ちすくみ
前に進めない 状態だと気づきます。

バスを降りたらそこは停留所
次のバスに乗って
未来の停留所まで行くだけです。

行き先は前のバスとは違うはず。

前のバスを降ろされたと
運転手さんを恨んだり
他の乗客を羨んだりしていると
次のバスに乗り遅れてしまいます。

さっさと手放そう!

PAGE TOP