バイオリン「音程」のことは言ってはいけない?

バイオリンは音程がとても重要です。

どんなに素晴らしい音色でも音程が悪いと
残念な演奏になってしまいます。

それなのに
その重要な音程について
当人に何か言う事はほぼありません。

合奏していて

「2小節目の2拍目ちょっと低くない?」

などと言おうものなら

「そうかな?」

とその時はそれで終わるかもしれませんが
あとあと陰で何か言われるか
その次からは一緒に演奏することがなくなるかもしれません。

そして恐ろしいことに
音程が悪いことに本人はなかなか気づかないのです。

私も曲の弾き始めと終わりでは
全体がかなり上ずっていて焦った事も多々あります。

先生について指摘してもらうことの大切さはそこにあります。

友達に言われたらムカッとして
素直に聴けないことも
レッスンで言われれば納得できます。

そして録音すること。
録音して自分の音程に唖然とするという
ショック療法も有効です。

 

 

PAGE TOP