私がバイオリン演奏する理由 「お客様から宝物を集める喜び」

ずっと前

あるちょっと不思議なおばさまに
こんなことを言われたことがあります。

 

 

「今後あなたがバイオリンを弾く時
まだ誰もいないコンサートホールに
隅々まで赤い絨毯をバァーっと広げるイメージをしてね。
そこにお客様がいらしてあなたが演奏すると彼らの喜び、悲しみ、苦しみ、怒りが涙となって
その絨毯の上にビー玉のように転げ落ちて行きます。

演奏が終わりお客様が帰られた誰もいないホール
あなたはその赤い絨毯をビー玉ごとくるくると包み
持って帰ります。

持ち帰ったビー玉は
喜びも悲しみも美しい宝石に変わり
あなたの宝物となります。

そして演奏の度にその宝物を集めるため
あなたはまたその赤い絨毯を広げるのです。」


まだ人前で弾くことなどなかった頃だったので

「コンサートホール?そんなところで弾くことないし」
「お客さんの前で?そんな上手くないもの・・・」

その時はピンと来ませんでした。

でも最近何度も思い出すおばさまのこの言葉

「お客様から宝物を集める喜び」
これこそ私が演奏する理由なのかもしれません。

 

 

 

 

PAGE TOP