バイオリン音が「ギシギシ」「ギーギー」言う理由

「ドラえもん」のアニメで
のび太の憧れの女の子のしずかちゃんが
バイオリンを弾く場面があります。

可愛らしい見かけと違ってしずかちゃんの演奏は
「ギーギーキーキー」と言う音で
ドラえもんたちは
なんとかしずかちゃんに演奏させないように
奮闘します。

なぜバイオリンはあんなに美しい音が出るのに
弾く人によってはギーギー言うのでしょう?

理由の一つに
弓の毛をを弦に押し付けて弾こうとするから
と言うのがあります。

右手で弓を持ったら
弦の上にストンと乗せるだけ。
あとは弓をスーッと引っ張れば音が出ます。

弓を乗せてからさらに力を込めて
毛を弦に押し付けながら引っ張ると
見事にギシギシギーギーと言う音になります。

力を抜いて
弓を(弦と直角に交わるように)右斜め前に引っ張るだけ

激しい演奏の時でも
力は弓を引っ張る縦方向に込めて
弓のスピードを上げれば迫力のある音が出ます。

弦に向かって力を入れすぎると
汚い音になってしまうのです。

ゆっくりと大きな音を出したい時には
力任せに弓の毛を押し付けるのではなく
楽器に共鳴させて響かせることで
深くて良い音が出ます。

 

 

 

PAGE TOP