子どもが習い事をやめたいと言ったら?(1)

私がバイオリンを始めたのは、4歳のとき。

「隣の真弓ちゃんがやってるから私もやりたい!」
と母に頼んだから。らしいのですが、
自分でやりたいと言った、その一言のために
私がどんなにやめたいと言っても、母はやめさせてくれませんでした。

当時の先生は、音大を出たばかりで、私がお弟子さん第一号でした。
先生も希望に燃えていたんでしょう、とても厳しいレッスンでした。

弓を持つ手をピシリと叩かれて、
弓がボーンと飛んだり(そのような記憶)
練習できていないと、「今日はもう帰りなさい」と
レッスンを強制終了されたり(そのような記憶)
今では考えられないようなスパルタレッスンでした。

その上家庭では、母が先生の言葉を細かくメモっていて、
それを元に私に練習させるものだからたまりません。

なんとかさぼって遊びに行っては、母と先生に
叱られる、という繰り返しでした。

私が今バイオリンを楽しめるのは、その厳しさのおかげと言えばおかげです。
やめたいと言ったときに、母がすんなり認めていたら、今はありません。
今となってはとても感謝しています。

ちなみに我が家の3人の子どもたちは、幼稚園でピアノを習い始めましたが、
小学校でやめてしまいました。
レッスンの時間になっても遊んでいたり、帰ってこなかったり、
先生の元に連れて行くだけで本当に大変でした。

レッスンが嫌いだった自分に重ね合わせて
「そうだよね〜やっぱり嫌だもんね」
と妙に物わかりの良い母親で、すぐにやめさせてしまいました。
実は自分が大変だったのですね。

今になって、娘は「続けておけばよかったな〜」なんて言っていますので、
ちょっと申し訳ない気もします。

ところが、練習が嫌だと思ったことがないと言う人がいるのですから
驚きました!

子どもが習い事をやめたいと言ったら(2)へ続く

PAGE TOP