バイオリンからの思いが伝わった不思議なできごと

バイオリンに関しては
たまに不思議なことが起こります。

3年前に楽器を新しく購入した時のことです。

新しい候補のバイオリンと弾き比べるため
テーブルに何台か並べて順番に弾いていると

触りもしないのに
突然
私のバイオリンの弦が

バチン!

と切れました。

エエ〜!?
そんな風に切れたことは今まで一度もありません。

「私を捨てて新しい楽器に変えるの!?」
と言っているようで、
なんだか申し訳なく思ったのを覚えています。

このバイオリンは
200年以上前に作られたもので
私が中学生の頃から使っているものです。
今の家族の誰よりも長く一緒にいます。

色々な人が所有し、演奏してきたこの楽器は
様々な人生を見てきているはず。
私より大先輩!

そういえば
楽器にはちゃんとお礼を言っていなかったな、と思います。
こんなに長い間一緒に演奏しているのに。

ちゃんとお手入れして
大切にします。

 

 

PAGE TOP