ジャズバイオリンのレッスン 厳しいけれどやめられない!

今日はジャズバイオリンのレッスンでした。

先生はジャズバイオリニスト三井大生さん

運命的に先生のブログにたどり着き、
レッスンを受け始めてちょうど一年です。

厳しいレッスンですが、
毎回貴重なアドバイス、練習方法
そして哲学を
頂いて帰っています。

長い間バイオリンを弾いていると
自己流でいろんな癖がついていることに
なかなか気づくことができません。

音程が安定しないことの原因に
楽器の持ち方
左腕の肘の角度
1の指(人差し指)の力不足で他の指がつられてしまうこと

などの教えを受けて
本当に楽に弾けるようになったと思います。

特に音程のことは
この年齢になると、
人から指摘されることはほとんどありませんから。

そしてリズム
ジャズの譜面は簡単ですが、
スイングの仕方はそこには書いてありません。

先生のウェブサイトにスイング練習の仕方がアップされています。

http://swingstrings.com/
最初見たときは
「とても無理」
と思いましたが、頑張って道半ばまでやってきました。

ここで終点、ということはありません。

始めた頃はどうしてもうまく行かず、
胃が痛くなったりしましたが
今では新しい課題が出ると
まだまだやることが山ほどあることに
ファイトが湧いてくるのです。

厳しいけれどやめられない!
だってできなかったことが
できるようになっていくのが
自分でわかるのですから!

関連記事
他でもない バイオリンに求められているものとは

バイオリン イメージできない音は出せないという意味

PAGE TOP