他でもない バイオリンに求められているものとは

バイオリンに求められているもの。
「美しい音色」
それに尽きると私は思っています。

超絶技巧の演奏はもちろんすごい!
本当に驚嘆するけれど、
感動を呼ぶのはやはり歌心とそれを表現する音色だと思います。
(どの楽器でも歌でも同じです)

「バイオリンが歌ってるね」
と言われるのがクラシックでもジャズでも
私にとって一番嬉しい言葉です。

不思議なことに
私の楽器を他の人が弾いてもその人の音色になり、
その人の楽器を私が弾くと私の音色になります。

楽器の個性を超えて、その人自身が音に出るのだと思います。

美しい音色を出すためには正確な音程は欠かせません。
自信を持ってその音を出すためには
ピンポイントで指を押さえなくてはならないのです。

ジャズバイオリンを習い始めて、
長年の弾き方の癖で
音程がかなりいい加減になっていることを指摘されました。
また基礎練習からやり直しています。

子供の頃できていても
それを維持する為には地道な基礎練習が欠かせない。

小さい頃から訓練して来たので
なんとなくできているような気分になっていただけ。

悲しいことに
年をとるにつれて、
運動機能も耳の機能も反射神経も
ありとあらゆることが衰えていきます。
そこをまた鍛え直す必要があるのです。

白鳥が水面下で必死で水をかきながらも
あの美しい姿で優雅に泳いでいるように
バイオリンの美しい音色を出すために
毎日の基礎練習は欠かせないのだと
今更ながらに思い知るのでした。

関連記事
ジャズバイオリンのレッスン 厳しいけれどやめられない!

バイオリン イメージできない音は出せないという意味

PAGE TOP