バイオリンマイクに「Xenyx502 」と「Bose Soundlink」をつないでみた! 

届きました!

アナログミキサー(&プリアンプ)

Behringerの「Xenyx5」

BoseのスピーカーSoundlinkⅢバイオリンのマイク DPA
恐る恐る繋げてみました。
(DPAは生産終了となり、後継機種D:voteシリーズになりました。)

スピーカーから音が出た!

これは画期的!

思い起こせば
ジャズの世界に飛び込んだとき

そこには
Cl,Tp,Tb,Sax,Pf,B,Drそしてバンジョー
管楽器、打楽器、弦楽器 全員集合で
どんなにバイオリンのマイクの音量を上げても

「音が小さい!聞こえない!もっと弾いて!」

と言われて
途方に暮れた覚えがあります。

今思うとバイオリンには酷な環境でしたが
その時はなんとか音量を上げようと、
マイクを変えたり
エレクトリックバイオリンを試したりしていました。

今はそんなこともなくなりましたが、
やっぱり
「聞こえなかったらどうしよう・・・」
という恐れは消えません。

でも!

これで演奏に行った先の音響をある程度は心配しなくていい!

スピーカーとミキサー、アダプター
合わせて2キロくらいの重さです。

ミキサーにファントムがついているので
マイクの電源を持ち歩く必要がないし、
ミキサーの電源さえ取れれば
スピーカーは充電式なので
屋外でも大丈夫。

これは安心です!

関連記事
音楽は入口と出口が重要らしい。期待膨らむ!Boseのスピーカー「Soundlink Ⅲ」

PAGE TOP