前触れもなく去って行く「熊の子離れ」に自分の子育てを考える。

あるラジオでの
「熊の子育て」についての話が心に留まりました。

人間よりも動物の子育ての方が
実は理にかなっているのではないか
というのです。

熊は母親が単独で子育てするそうです。
小熊を守り
木登りや餌など
生きて行く為の技術を教えます。

そしてある日突然小熊の前から姿を消すそうです。

小熊が夢中で食べている間に
高い木の上の方まで上っている間に

もう単独で生きて行けると判断したら
なんの前触れもなくいなくなる。

小熊は母親を探しまわりますが
そのうちあきらめます。

これが熊の子離れ。

人間はそのようなことがないので
ずっと親の家に住んで
母親が世話をし続ける事が可能です。

親の方が手を離さないと
子どもが自ら自立していくことは
とても大変なのです。

だから
「反抗期」があるのかもしれません。

子どもが反抗したら
「手を離して」というサイン。

熊の子育ての話を通して
私に何ができるのかを
改めて考えたのでした。

 

PAGE TOP