体調が悪いのに「いい演奏」と言われるには普段からの準備があればこそ

体調が悪いのに「演奏よかったよ」
と言われた話を友人にしたところ

やはり同じような経験をしたということでした。

ちょっとした怪我をして
うまく楽器が弾けなくてがっかりしていたところ

「いや〜力が抜けててとてもよかったよ!」
と褒められたとか。

もしかしたら
病気や怪我だけでなく
何か他の事に気をとられていて
自分では万全でないと感じていても

演奏自体に対する
「不安」や「ネガティブな気持ち」が
それによってどこかに飛ばされてしまって
いい感じに力を抜いてくれるのかもしれません。

でもそれはきちんと準備ができていなければ
力が抜けてもふにゃふにゃになるだけ。

逆に練習すれば練習しただけ
緊張するし力も入る。

やはり
普段からの練習と準備があって
さらに余分な力が抜けたとき
ちょうどいい演奏になるんだろうな。

そんな風に思います。

PAGE TOP