「課題山積み」厳しいレッスンの先にあるさらに厳しい現実

またまた課題が山積みとなりました。

2週間に1度のレッスン

課題になんとかしがみついて
先生に見てもらうのですが

そこからまた細かい枝葉のように
課題が出てくるのです。

Aという課題があるとすると
そこから
a,b,c,d…
Bという課題から
a,b,c,d…

という具合です。

具体的な練習の仕方も教えてもらえるので
その課題の半分ぐらいまでは
努力でなんとかなります。

でも
家やレッスンで弾くときになんとかなっても
本番で弾けなければ意味はありません。

後の半分は
現場でどこまで練習の成果を出せるかということです。

ここから先は先生にも教えてもらえません。

家でどんなに練習を積んでも
これは
「畳の上の水練」なのです。

畳の上で泳ぐ練習を100時間しても
水の中で泳げなければ意味はない。

現場に出たら一人でそこに立たなければならないのです。

レッスンの厳しさなんて比ではありませんね。

PAGE TOP