セッションでどうか謝らないでください。

セッションで
あまり知らなそうな曲や
ボーカルで普段とキーが違ったりする場合
譜面を持ってきてくださいとお願いしています。

持ってきてくださった譜面を見ながら
その場で演奏するわけです。

ポピュラーの曲で
少し複雑な譜面だったり慣れないキーだと
途中でなんだかごちゃごちゃしてしまったり
ちゃんと弾けなかったりで

終わったあと
あーだこーだと
とついつい演奏者で確認作業をしてしまいます。

そうすると決まって
「すみません、ごめんなさい」
と譜面を持ってこられた方が
演奏者に謝ってこられます。

「わかりにくい譜面でごめんなさい」
「変なキーでごめんなさい」
「ちゃんとできなくてごめんなさい」

いえいえ!!

悪いのはこちらです。

合わせられなかったこちらの責任です。

どうぞ謝らないでください。

もっとちゃんとやりたかっただけなんです。
自分が悔しいだけなんです。

少し時間がかかっても
事前に確認を怠らなければ
きっともっといい演奏ができたはず。

反省です。

PAGE TOP