「ステイホーム」で「不登校」という言葉に意味は無くなるかもしれません。

ウイルスのせいで
家にいることを余儀なくされている私たちですが
少し考えたことがあります。

今まで学校は
病気でない限り行かなければならない場所でした。

今は行ってはいけません。

すでにリモート授業が始まったり
ネットで自習ができたり
一律に学校に集合しなくても
勉強できるんじゃない?
と言うことがわかってきました。

行きたくない子どもは行かなくてもいいのかも
不登校なんて言葉はもう意味がなくなるのかな?

毎朝お腹が痛くなることもない
誰にも言えず、いじめに耐えることもない。

親も
「学校に行きなさい!」
「どうして行かないの?」
と無理強いすることもなくなります。

学校に行きたい子は
今はうずうず、エネルギーを持て余しているかもしれません。

でも学校に行けなくて
苦しんでいるたくさんの親子が
今は少しホッとしているでしょう。

学校に行けない子どもたちは
罪悪感を持っています。

今は罪悪感なく休めていることでしょう。

これを機に選択肢が増えて
学校が好きな子は今まで通り学校に通い
人間関係が苦手な子どもは家でもいい。

これが普通になればいいなと思います。

今日のYouTube「I got it bad ( that ain’t good)

 

PAGE TOP