バイオリン 綺麗に音をつなげるには右手首が重要です。

「バイオリン」

華やかだけど
「難しい楽器」
言うイメージがあります。

特に左手

指の早い動き
高い音を弾くときのテクニックや
ビブラートのかけ方などに注目されがちですが

右手の弓の使い方にはあまり目が行きません。

でも
弓の動きはとても重要です。

 

右手首が固いと
なかなかスムーズに弓が返せず
音が途切れてしまったり
手元まで来た時にギシギシと汚い音になったりします。

動画などでバイオリン演奏を聴く時には
ぜひとも右手の動きにも注目してほしいと思います。

何かを持つと手首はがっちりと固定されます。
ぶらぶらしていると
落としてしまいますから。

バイオリンの弓を持つ時には
(弦の上に乗っている時には)
手首を柔らかくしてスーッと引いたり押したりします。

手の力で上下させるのではなく
ひじと肩の動きに合わせて
柔らかい手首がついてくるようなイメージ

そんなイメージで弾くと
スムーズで滑らかな弓の動きになり
音が途切れたり汚くなったりすることが少なくなります。

ぜひお試しを。

今日のYouTube「Moon River」

PAGE TOP