バイオリンにまつわる不思議なお話 

バイオリンにまつわる不思議なお話。

もう5年ほど前になります。

 

レストランでBGM演奏をしていた時のことです。

突然
4本の弦が一度にゆるんだのです。

最初は何が起こったのかわからず

「音程が合わない!!」

ちょうど最初のメロディを弾き終わったところだったので

ギタリストに
「ちょっとお願いします」

と頼み
後ろを向いて
チューニングをし直しました。

「こんなことは初めてだわ〜」

演奏が終わって
そんなことを話しながら
その時はそれで終わったのです。

 

翌日

いつも
ライブを聴きにいらしていたお客様の一人が
亡くなったという連絡がありました。

それもちょうど
私の弦がゆるんだ頃だったそうです。

もちろん
その日の湿度や温度の関係で
弦がゆるんだのかもしれません。

でも
私には彼女がお別れに来てくれたのかな
と思えます。

今でも
弦が急にゆるむと
ちょっと焦ります。

焦りますが
同時に

必ず彼女のことを思い出すのでした。

今日のYouTube「トロイメライ」

アメブロ始めました→「バーバはジャズバイオリニスト」

中村裕子YouTubeはこちら→「泣きたい時に聴くバイオリン」

チャンネル登録をお願いいたします。

PAGE TOP