「譜面が見えない」「練習しても身につかない」そんな状況に対抗する!

さて
人生半ばすぎると
いろんなところにガタがきます。

普段生活していると
気づかないのですが

演奏となると
自覚せざるを得なくなります。

まず

①譜面がよく見えない

五線の上にオタマジャクシが乗っているのか
線の間にあるのかどっちだろう。
半音違うととてもまずいことに。。

解決策⬇️

おしゃれなめがねをかける。
ただし
鼻眼鏡にならないように気をつける事。
途端に老けてしまいます(経験あり)

②リハで決めた事をすっかり忘れる。

解決策⬇️

とにかく書き留めておく

でも時間が経つと
何が書いてあるのか
本人にもわからないことがあるので注意です!

③立ちっぱなし(座りっぱなし)で疲れる

解決策⬇️

他の人のソロの間
目立たないように端っこで座る(立つ)

フロントの場合は自分の入らない曲を入れる。
(ピアノトリオお願いします!)

④いくら練習しても昔のように身に付かない

若いときにできていたことも
今はその何倍も時間をかけないと
できなくなっています。

解決策⬇️

反面
年とともに
ごまかし方もうまくなっているので
とにかくあきらめないこと。

 

他にも数えあげれば色々ありますが

 

歳をとると体力も記憶力も衰えてくるのは
仕方がありません。

 

でもそれを上回る良い事もたくさんあります。

①視力の衰えで客席がよく見えないので緊張しない。
(譜面見えな位のですからお客様見えません。)

②耳が聞こえにくいので悪口も聞こえない。
(たまにそこだけよく聞こえることも。。。)

③記憶力が衰えて嫌な事もすぐ忘れる。
そのときは落ち込んでも回復が早い!
(これは本当です。すぐ忘れます。)

④やることはやってきたので自分が楽しむ時間が増える。
(開き直り)

少し前まで若さにまだ未練がありました。

でも
今はここまで歳を重ねて来た自分や仲間たちが
誇らしい。

まだまだここからです!

 

PAGE TOP