体調が悪いのに「いい演奏だった」と言われる不思議

体調が悪いのに「いい演奏だった」と言われる不思議

突発性難聴を患ってしばらくは
めまいに悩まされていました。

体調を崩してのライブ出演

でも不思議な事に
演奏が始まると

具合の悪さは感じなくなり
休憩時間になると

またふらふらするという体験をしました。

さらに不思議な事に

「今日の演奏よかった!」

と共演者からもお客様からも

口々に言われたのです。

普段は
頭の中は色んな事でいっぱい

「イントロはギターで

ここでソロになって

エンディングは・・・」

そんなこと考える余裕もなく

ただただ無心に演奏したのがよかったのかしら?

演奏に集中することで精いっぱい

「大丈夫かな?」

「失敗したらどうしよう」

「うまくいくだろうか」

「楽しんでもらってるだろうか」

考えることすらできなかったことが

かえって良かったのです。

「力が抜けていて良かったよ」

確かに
パワー不足

自分の感じていることと
お客様の感じることの違いに
気づかされた一件でした。

 

 

音楽カテゴリの最新記事